スモール起業ビルダー・ZONOのブログ

一つのことを極める人の、意外な特徴【飽きっぽい性格が成功のカギ】

LIFE

こんにちは、ゾノです。

ブログやYouTubeを継続して、生きています。
大半の集客は、ブログから完結しています。

先日、僕は下記のようなツイートをしました。

一つのことを極める人は、意外と飽きっぽい性格だったりしませんかね。僕はブログやYouTubeをコツコツと継続してきているわけですが、他のことは飽きっぽかったりします。つまり無理に継続することに価値はなく、自然と継続できることに大きな価値があると思う。自然と継続できるものを探しましょう💁‍♂️

結論は「平均的に生きるより、特化型で生きよう」です。
これからの時代、1つのことを極めて生きるのが、良さげです。

一つのことを極める人の、意外な特徴

一つのことを極める人の、意外な特徴
僕の周りの人間は、特化型タイプで生きている「一つのことを極める人」が多いです。

逆に言えば、平均的に生きることが苦手なタイプです。

その人たちを見て思うことがあるので、シェアします。

一つのことを極める人の特徴

  • ①:意外と飽きっぽい
  • ②:一度決めたら迷わない
  • ③:捨てることは捨てている
  • ④:集中ポイントだけにコミット
  • ⑤:日常生活の一部として取り入れる

①:意外と飽きっぽい

飽きっぽいと聞くと、マイナス表現に聞こえるかもしれません。
ただ、一つのことを極める人を見渡すと、意外と飽きっぽい人が多かったりします。

飽きっぽい性格のメリット

少し偏見発言ですが、成功者などを見ると、飽きっぽい人が多くないですか。

新しいことに挑戦をして、微妙だったらすぐに気持ちを切り替えて、次のアクションを起こせる。

ここに成功のカギがあるかもな、と思ったりします。

②:一度決めたら迷わない

大半の人が、新しいことに挑戦して挫折する理由は、100%の決断がないからです。

  • 何が何でもやってやる
  • 誰が何と言おうとやってやる

上記のような覚悟の足りなさが敗因かな、と思います。

僕の場合で言えば、高校教師からの転職で、上司に反対されようが、親に反対されようが、突っぱねて転職したことです。

大きな決断でしたが、転職に成功できた、と思っています。

③:捨てることは捨てている

一つのことを極める人はやることを増やすというよりも、排除しています。

イチローさんも、排除しています

イチロー選手も、野球を極めるために多くのことを人生から排除しています。

こういう話をすると「イチローさんだからできただけでしょ」という人が多いですが、僕を含めた凡人レベルでも、排除できることは排除できるはずです。

どんな些細なことでもいいから、排除できるものを見つけて、排除していきましょう。

④:集中ポイントだけにコミット

過去の僕の失敗談としてあれもこれも狙いすぎた、という後悔があります。

針を刺すように、一極集中

寄り道はは、厳禁です。

一つのことを極めるためには、まずは一針を刺すように一極集中で、集中ポイントだけにコミットすることが大切です。

ブログならブログに鬼集中して取り組めば、3ヶ月後には平均レベルの結果は見えると思う。

⑤:日常生活の一部として取り入れる

一つのことを極めるためには、日常生活の生活の一部として取り入れられないとシンドイです。

ブログを書くことが日課になれば継続できるし、YouTubeの撮影をすることが日課になれば継続できる。

自然と継続できることを、探す

大切なことは、無理に継続しようとすることではなく、自然と継続できることに出会うことですね。

凡人が、一つのことを極める人になるためにすべきこと

凡人が、一つのことを極める人になるためにすべきこと
一つのことを極める人になるためにすべきことについて、僕の経験談を踏まえて解説します。

結論を言うと、僕を含めた凡人が、一つのことを極める人になるためにすべきことは「捨てること」です。

人間関係を見直してみる

何か一つのことを極めたいなら、人間関係を見直してみるといいです。

花咲く将来に、触れ合おう

少しエグい発言になりますが、無駄な付き合いや時間の排除で、かなり時間ができると思います。

例えば、会社の飲み会や、無意味な打ち合わせ、本当に行きたくない集まりとかは全部排除でオッケイです。

将来花咲く時間と人に触れ合いましょう。

夢中になれる夢を見つける

夢中になれる夢を見つけるだけで、一つのことに集中できると思います。
例えば、ブログで100記事達成したいという夢を持ったら、そこに向かって突き進めばいいだけですよね。

本気モードになれば、きっとやれる

夢中になれる夢は、恋愛と同じです。
好きな人のためなら、どんなに時間がなくても、時間を作りますよね。

どうしても時間がないなら、細切れ時間の使い方を改善していけばオッケイです。「時間がない」を言い訳にせずに、細切れ時間を使って、前進あるのみです。

身の回りの何かを捨ててみる

身の回りの何かを捨ててみると、新しい何かを得られると思います。

断捨離してみよう

上手くいかないときって、冷静に周囲を見渡すと物に囲まれすぎていると思うんですよね。

僕は最近、めちゃくちゃ断捨離していまして、モニターも排除し、不要な洋服も排除、さらにベッドも排除しました。

すると、生活が快適すぎて集中できる毎日が手に入りました。

SNSとの付き合い方を変える

SNSとの付き合い方を変えると、集中力が増します。

通知音に、人生を振り回されない

あくまでも僕の例ですが通知はオフにしており、自分が情報を取りたいときに見に行くスタイルにしています。

冷静に考えると通知で知らされる必要性はゼロでです。

情弱さんほど、通知音中心の人生を送っており、自分のことに集中できない日々を過ごしているケースが多いかもしれないです、、🙇‍

まずは3週間継続して行動する

何事もまずは3週間継続して行動しないと先は見えないと思います。でも大半の人はその前に諦める。

一つのことに集中しよう

エグい発言をすれば、諦める人が多いほど、極められる人がお得になります。

継続するための敵は、自分自身です。
外野ではありません。

せっかく挑戦しようと決めたのであれば、腹をくくって勝負するといいですね。

では、僕も引き続き、一極集中でコツコツ継続していきます。おしまい。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。下記のおしらせコーナーも、是非チェックしてくださると喜びます🙇‍
当ブログで無料配布している「ブログの書き方テンプレート」は受け取っておりますか?無料で資料請求できますので、この機会にぜひどうぞ💁‍♂️

今から始める!『稼ぐためのブログ勉強会』を開催しています

朝5時〜/昼1時〜/夜9時〜の時間帯で「ブログ運営の基礎」が無料で学べます。「Zoom」を利用して開催しますので、ご自宅からご参加可能です😌

  • 9月18日㈮ 5:00〜7:00【満員御礼】
  • 9月19日㈯ 21:00〜23:00【満員御礼】
  • 9月23日㈬ 13:00〜15:00【残り3名】
  • 10月21日㈬ 13:00〜15:00【残り5名】
  • 10月23日㈮ 5:00〜7:00【残り5名】
  • 10月24日㈯ 21:00〜23:00【残り5名】
» 今すぐ『稼ぐためのブログ勉強会』に予約する

参加者限定の特典があります

参加特典は「60分の個別相談」や「980円で販売しているブログ企画室に無料ご招待」なので、お得感満載で結構学べると思います。

嬉しいお声をいただいております

5時起床。今日は朝からオンラインでホームページ作りの勉強会でした。サイト構築にHTMLやCSSの基礎理解は必須。仕組みに慣れればそんなに難しくないです。固定費はサーバー代とドメイン代ぐらいでそんなにお金もかかりません。無料で有益でここまで高品質な勉強会って中々ないんじゃないかな🙇‍
» 今すぐ『稼ぐためのブログ勉強会』に予約する

お知らせ:厳選した下記のコンテンツがおすすめです

個人から、中小企業様向けに対応しており、Webメディア構築 or リモートワーク(テレビ会議システム)の導入をご検討の方は、ぜひどうぞ🙇‍

おすすめコンテンツ

無料コンテンツ

有料コンテンツ

当ブログと他のサイトの圧倒的な違いは、様々な疑問や悩みを解決するために【無料体験レッスン】30分の無料相談会&体験レッスン(オンライン開催)に初回限定で参加できることです。

どうしても分からなかったり、1人で悩むことがあればご相談ください。

その他、ご相談&ご質問がございましたら、お気軽にどうぞ。
» お問い合わせ

当ブログで無料配布している「ブログの書き方テンプレート」は受け取っておりますか?無料で資料請求できますので、この機会にぜひどうぞ💁‍♂️

僕は、こんな人です

ゾノ@スモール起業ビルダー
当ブログの筆者。日本一わかりやすいブログ教師/高校教師の職を捨て起業失敗→在宅リモートワークで月収7桁達成→V字回復。10代から不登校や非行で根っからの引きこもり人間。現在はオンライン講座『外出せずに学べるパソコン教室』を運営し生徒は累計230名。個人がマイペースに生きるコツを発信しています。朝大好きです→ #01blog朝活の会
» プロフィール詳細はこちら

チップをいただけると、心から喜びます


人気記事【ブログ書くことない】ブログ書き方テンプレートで解決【ひな形】

人気記事【持ち物公開】場所を問わないノマドワーカーのバックパックLIFE