ゾノ@引きこもり教師のBlog

タグ:ブログ参考ネタが付いている記事一覧


CSS

ブログはシンプルが1番と思っているので、下線を引いたり、蛍光マーカーを使ったりはしませんが、パソコン教室の生徒さんからは、教えてほしいという要望が多いです。僕が実装するとしたら、「文字半分くらいにかかる、薄い色でマーカーを引く」と思います。色コードは「#C2EEFF」くらいがおすすめです。

CSS

HTMLとCSSだけを使用して、ゴールドのネオンを簡単に表現したソースコードです。コピペで実装できますので、ぜひブログで試してみてください。雰囲気的に、ゴージャスさを演出することができます。

CSS

Media Queriesを使用して、パソコン・スマホ・タブレットの画面サイズに合わせてCSSを振り分けるテンプレの保存記事として掲載しておきます。現代においては、レスポンシブデザインは必須なので、ぜひ参考にどうぞ。

BLOG

ブログを美しく見せるコツは、箇条書きタグを多めに使用して、一文を長くしないようにするといいです。スクロールをしたときに、いかに読者の目に入り、脳に届くかが大切なので、文章でダラダラと書いても微妙です。なるべく箇条書きを頻繁に使い、美しいブログを運営していきましょう。

CSS

本記事は、文字をレインボーにするためのCSSをメモとして掲載したものです。ちょっとしたアクセントをつけたいな、、というときなどに役立ちます。サンプルは文字をレインボーにしていますが、見出しなどに設置すると、もっとオシャレになるかと思いますので、どうぞお試しください。

CSS

ブログにて、文字を目立たせたいときなどには「影をつける」ことがおすすめです。最もよく使うのは画像の上に文字を乗せると、文字が見えなくなりがちです。黒文字の場合は、下に白をおくと見やすくなります。CSSでもこの方法は使えるし、簡単なスタイルシートなので知っておくと良いと思います。

WORDPRESS

HTMLやCSSのコーディングを見て、どこに何を書いているのか分からなくなった、、という経験は少なからず誰にでもあると思います。そんなときはコメントアウトをしてソースコードに自分のメモを残しておきましょう/HTMLの場合→/CSSの場合→/* ここにメモ */ これで完璧です。

CSS WORDPRESS

本記事は、WordPressにて子テーマを作成する方法の保管メモ用として記事に残しておきます。テーマ自体のCSSを直接編集することに恐怖心がある人におすすめの方法です。子テーマを自分で制作すると聞くと、難しそうですが意外と簡単です。ぜひ参考にどうぞ。

CSS WORDPRESS

WordPressでブログを運営するときに、CSSはどこに書いたらいいのかという質問に回答します。結論、「テーマのCSSに書く」がベストです。親テーマの編集は危険と言われますが、バックアップしていれば、何の問題もなし。表示速度を下げてまで、子テーマを作る必要はなく、追加CSSはGoogle非推奨で論外です。

CSS

ブログをおしゃれにするコツは、CSSを上手く活用することです。たとえば、囲み枠とかもおしゃれなステッチ風とかにすることで、ブログの印象は180度変わってきます。CSSは基本を覚えてしまえば簡単で、そして楽しすぎるので積極的に学んでほしいと思う。画面デザインが変わる喜びは嬉しいものです。