ゾノ@引きこもり教師のBlog

【ブログの勉強=アウトプット】ブログ執筆を上達させる3ステップ

BLOG HOW TO

ブログ運営の技術を上達させたい人「ブログはアウトプットが大切と言うけど、どんな視点でアウトプットすればいいの?具体的なアウトプット方法が知りたいです。あと、ブログネタを見つけるためにどんなことをしているの?教えてほしいです。」

今回の記事は、上記のような悩みのヒントを書きます。このような順序で書き進めます。

本記事の内容

  • 1.ブログ執筆を上達させる3ステップ【ブログの勉強】
  • 2.ブログ執筆のネタを見つける2つの習慣【重要】
  • 3.ブログ執筆技術を即効で自分の物にするために【最速】

この記事を書いている私は、ブログ運営歴10年ほどです。そのような背景の私が、初心者のころに困ったことや、ブログ執筆のネタに悩まないためにどんな取り組みをしているかシェアします。参考になると嬉しいです。

ブログ執筆を上達させる3ステップ

ブログ執筆を上達させる3ステップ
結論から言いますと、ブログ執筆を上達させるために必要なことはブログを書くということに仕事意識を持って優先順位を高めることです。その中で、とくに大事な3つのステップをベースに深掘りしていきます。

ステップ1:広告キャッチフレーズに興味を持つ(テレビCMや電車広告など)

ステップ1として大切なことは世の中の広告に積極的に興味を持つことです。これは本気で大事です。

なぜなら、テレビCMや電車広告などに使われているフレーズはプロのコピーライターさんが考えたものが多いからです。何気なく見るCMや電車広告も、ブログのヒントを無料で学べる良い勉強教材だと思えば、超コスパの良い勉強法です。

例えば、『モノより思い出』。日産セレナのCMで使われていたキャッチコピーは、7文字で人の心を動かすと話題になったものです。
良いなと思うキャッチコピーはメモ帳などにストックしておくと良いです。

  • 諦めないということは、勝つよりも難しい
  • 仕事を聞かれて社名で答える人には負けたくない
  • あなたがいない自由より、あなたがいる不自由のほうがいい
  • 余命6ヶ月、一生分笑う
  • お口の恋人

上記は、私のスマホのメモ帳からの一部を抜粋したものですが、こんな感じでインターネットを見ていても気になるキャッチコピーはコピペしてストックして勉強素材として使うようにすると良いです。

ステップ2:単語のバランスに興味を持つ(漢字・ひらがな)

ブログを書くときに何気なく意識すると良いポイントは、漢字とひらがなのバランスです。

なぜなら、漢字がカツカツに詰まった文字は、読み手の立場になると読みにくいからです。つねに客観的に自分のブログを見て、バランスを考慮した文体を意識すると良いです。

たとえば、下記を見ると一目瞭然です。

  • 読み易い
  • 読みやすい

どちらが意識にスッと入ってくるかというと、「読みやすい」のほうでしょう。ポイントとしては漢字を連続的に使ったりするこを避けることです。

ステップ3:3年前の自分にメッセージを届ける感覚を持つ

「どんな視点でブログを書けば良いのか分からない」という悩みを初心者のころに抱えることがあります。
この回答は、私は3年前の自分に向けて書くイメージで書くことだと考えています。

なぜなら、良質なブログ運営を目指すためには読者の悩みを解決することを第一に考えることが大切だからです。

そのために、自分が3年前に悩み、そして解決することができた問題解決のプロセスなどをまとめた情報を網羅したブログを書けると最高です。

つまり、3年前の自分が、今の自分のブログを見て「なるほどな」と思えるかどうか、この視点を持ちましょう。

スポンサードサーチ

ブログ執筆のネタを見つける2つの習慣


つぎに、習慣についてシェアしていきます。

結論から言って、ブログのために24時間を生きることです。大袈裟に聞こえそうですが、日常にはブログのヒントがゴロゴロと落ちています。
最初のうちは、意識をしてインプットすることになると思いますが、それが自然と無意識でできるようになります。

それでは、どうすれば無意識でインプットすることができるのかを深掘りしていきます。

習慣1:何気無くサービスを受けるのをやめる

毎日の中で、何気なくサービスを受けるのをやめましょう。なぜなら、ここがヒントだらけだからです。

例えば、朝のコンビニのレジで不機嫌な店員さんがいたとします。この人はなぜ不機嫌なのか、そして不機嫌でレジ対応することでどんなデメリットがあるのかをまとめてブログに書こうとする習慣をつけると良いです。

習慣2:ブログの優先順位を3大欲求の次に持ってくる

食欲、性欲、睡眠欲よりもブログを最優先にするべきです。
なぜなら、ブログを書くということの優先順位が低いとブログを更新することは困難だからです。

例えば、ブログを書き終えていないのにランチに出かけてしまったり、夜飲みに出歩いてしまっては良質なブログを作り上げていくことはできません。
「このブログを書き終えるまでは、恋人とのデートはお預けだ」と自分に鬼になって、ブログに向き合うべきなのです。

ちなみにブログ執筆のタイミングですが、私のおすすめ時間としては朝一番です。朝食後にすぐやります。理由は頭が1番冴えているからです。

ブログ執筆技術を即効で自分の物にするために


ブログビジネスは投資ビジネスとは違いますので一気に何倍もの数字を出すことはできません。つまり、かけ算ビジネスではなく、たし算なのです。

毎日コツコツと、積み上げていく必要があります。ただ、そう言ってもはやく執筆技術を身につけたいものです。
そんなときに意識するべき2つのポイントをシェアします。

とにかく、書く。なによりも、書く。

休まない。書いて書いて、書きまくること。
もう書くしかありません。そして、これがブログビジネスの本質です。

なぜなら、たし算ビジネスだからです。積み上げていくしか方法はありません。

最初のうちは、クオリティにこだわる必要はないです。
どんどん記事を書いて、書くことに慣れていくことを最優先にして量をこなしましょう。
質にこだわるのはのちのちでOKです。この段階でクオリティにこだわると、前に進みません。

ブログにチャンスがあり過ぎることを理解する

ブログを始めても、9割が挫折します。続けられないのです。言い換えると超チャンスがある世界で、コツコツと継続して価値観の共有をしながら情報を発信することで、あなたを認知してくれる読者に出会えるのです。

ブログを開設したばかりのころは、アクセスが上がらずに「書いても意味がない」と思ってしまいがちですが、ここを乗り越えないとスタート地点にも立てません。

継続すればするだけチャンスがくる……と信じて、毎日コツコツと継続することです。

スポンサードサーチ

まとめ:片思いの恋愛と一緒です

まとめ:片思いの恋愛と一緒です
ブログビジネスは、恋愛と一緒です。

振り向いてもらうまでアプローチし続けるのです。やめたら終わりです。
ブログを安定的に継続して書くためのヒントは、合わせてこちらを確認してみてください。
» ブログを始めたが書けない&継続できないを解消【ブログマインド】

それでは、今回はこれでお し ま い。

稼げる「無料ブログ勉強会」

朝5時〜 or 夜9時〜の時間帯で「ブログ運営の基礎」が無料で学べます。「Zoom」を利用して開催しますので、ご自宅からご参加可能です😌

参加者限定の特典があります

参加特典は「60分の個別相談」&「980円で販売しているブログ企画室に無料ご招待」なので、お得感満載で結構学べると思います。

嬉しいお声をいただいております

5時起床。今日は朝からオンラインでホームページ作りの勉強会でした。サイト構築にHTMLやCSSの基礎理解は必須。仕組みに慣れればそんなに難しくないです。固定費はサーバー代とドメイン代ぐらいでそんなにお金もかかりません。無料で有益でここまで高品質な勉強会って中々ないんじゃないかな🙇‍
朝5時。しかも人多い。ゾノさんはZoomの扱いがすごいスマート。全てに無駄がない。WordPressのcssの変更の仕方が参考になりました。
  • 6月19日㈮ 5:00〜7:00【残り1席】
  • 6月19日㈮ 21:00〜23:00【残り2席】
  • 6月20日㈯ 5:00〜7:00【残り2席】
  • 6月20日㈯ 21:00〜23:00【残り2席】
  • 6月21日㈰ 5:00〜7:00【満員御礼】
  • 6月21日㈰ 21:00〜23:00【満員御礼】
» 「無料ブログ勉強会」に予約する(詳細ページに移動します)

定員になり次第、募集は終了となります🙇‍

お知らせ:厳選した下記のコンテンツがおすすめです

個人から、中小企業様向けに対応しており、Webメディア構築 or リモートワーク(テレビ会議システム)の導入をご検討の方は、ぜひどうぞ🙇‍

おすすめコンテンツ

無料コンテンツ

有料コンテンツ

当ブログと他のサイトの圧倒的な違いは、様々な疑問や悩みを解決するために【無料体験レッスン】30分の無料相談会&体験レッスン(オンライン開催)に初回限定で参加できることです。

どうしても分からなかったり、1人で悩むことがあればご相談ください。

その他、ご相談&ご質問がございましたら、お気軽にどうぞ。
» お問い合わせ

人気記事【ブログ書くことない】ブログ書き方テンプレートで解決【ひな形】

人気記事【持ち物公開】場所を問わないノマドワーカーのバックパックLIFE

この続きはcodocで購読