スモール起業ビルダー・ZONOのブログ

通信制高校の先生になるには、どんな資質が必要か【僕の懺悔を含む】

LIFE

こんにちは、ゾノです。

僕の前職は、通信制高校の先生です。

いまの人生において、通信制高校で働いていたころの経験が大きいです。
いろいろな経験をシェアしつつ、これから通信制高校の先生を目指す人に向けてメッセージを届けます。

先日、僕は下記のようなツイートをしました。

通信制高校の先生になるために必要なこと5選

・気合いと根性
・溢れるほどの体力
・専門性の高い知識や学力
・異動に対応できる身軽さ
・授業力よりも柔軟な対応力

僕は気合いと根性が足りず4年で退職しましたが、わりと業界トップの高校で働いていました。人生において非常に良い経験になった💁‍♂️

さて、今回は「通信制高校の先生になるには」というテーマで、ブログを執筆します。

通信制高校の先生になるには、いくつかの覚悟が必要です。
僕は新卒で就職して4年間、東京の通信制高校で正社員で勤務しておりました。

きっと、いい意味でも、悪い意味でも参考になると思います。

通信制高校の先生になるために、必要なこと5選【補足解説を含む】

通信制高校の先生になるために、必要なこと5選【補足解説を含む】
結論、愛と手間を惜しまない気持ちが大切です。

気合いと、根性

通信制高校の先生は、ビックリするほどに大変です。

気合いと根性などの体育会系のノリが、わりと苦手だった僕ですが、なんとか4年ほど継続することができました。

補足解説:手間を惜しまない精神がないと、無理です

いい意味で、普通科の高校にはいないタイプの生徒が通う通信制高校の生徒対応は、手間を惜しまない精神がないと、継続不可だと思います。

  • 最後まで、しっかりと話を聞くこと
  • 生徒が納得するまで、丁寧に説明すること
  • 保護者に伝わるまで、真剣に面談すること
まぁ、例を出すときりがないのですが「あぁ、メンドイなぁ…」というマインドで接すると、自分が崩壊しますね。

溢れるほどの体力

体力がないと、鬼シンドイと思います。

たとえば、こんなスケジュールですね。リアルに書きました。

1日のスケジュール

  • 6時00分 → 起床
  • 7時30分 → 出勤
  • 8時00分 → 授業などの準備
  • 9時00分 → ホームルーム
  • 15時30分 → 生徒が下校
  • 18時00分 → サークル活動など
  • 18時30分 → 生徒が完全下校
  • 19時00分 → やっと通常業務ができる
  • 22時30分 → 帰宅
  • 23時30分 → 就寝

これが、平日毎日続きます。

さらに、土日はイベントがあった

  1. 学校説明会
  2. オープンキャンパス
  3. いろんなイベントなど
とくに、僕の場合、新卒採用会のスタッフとしての仕事もあって、1ヶ月休みゼロだったこともあります。

率直な言葉としては、下記のツイートのとおりです。

マジで、体力勝負です。平日は、もちろん授業があるので休めません、、。

専門性の高い知識や学力

通信制高校の先生を目指す場合、専門性の高い知識や技術があるといいかもですね。

たとえば、下記のとおり。

  • 難関大学合格に向けた、学習指導ができる
  • プログラミングを教えられる、スキルがある
  • ダンスや音楽などを教えられる、スキルがある
さらに、通信制高校の先生として働きつつも、自分のスキルアップとして経験を積めるのが嬉しいポイントでした。

平均的な先生は、不要だと思う

通信制高校の先生は、いい意味で「平均的なレベルの先生」は不要かもしれないですね。

ある1つのことに特化している知識や学力があると、即採用だと思います。

異動に対応できる身軽さ

通信制高校の先生として専任で働く場合、結構な割合で異動があります。

僕は、北海道から東京に異動でした

しかも、下記のツイートのとおり、悲しい出来事がありました。

いま考えたら、ヤバイです。悲しすぎて引きこもっちゃいますね。それでも、同時の僕は、頑張って耐えました。内心、、「😇」という心境でしたね。

時間講師や、契約社員なら転勤なしです

通信制高校の先生といっても、正社員や時間講師 or 契約社員で、大変さは大きく変わってきます。

担任業務などをしない、時間講師も楽しいと思います。僕は経験がないので、なんとも言えないですが、楽しそうでした。

授業力よりも柔軟な対応力

僕は過去に、こんな経験があります。

まぁ、通信制高校の先生でもなければ、こんな経験はすることもなかったでしょうが、いま考えれば楽しかったですね。

当時は「なんで、僕はこんなことをしているんだろう…」と思いましたが、楽しかった思い出です。

対応力が、マジで必要です

普通科の高校では、ありえないことが日々起こるのが通信制高校です。いろんな意味で、です。

通信制高校の先生をやれたことは、最高の経験でした【懺悔します】

通信制高校の先生をやれたことは、最高の経験でした【懺悔します】
いろいろ書きましたが、通信制高校の先生を経験できたことは僕の人生において、最高の経験でした。

先生としての僕が、子ども過ぎた件。懺悔です

ぶっちゃけ、今考えると、完全に生徒に支えられていたな…と思います。生徒のほうが精神的に大人で、僕は完全に子どもでした。

本当に、温かく見守ってくれました

僕はいま、オンラインのパソコン教室を運営し、結果的に「先生」をやっているわけですが、通信制高校の先生時代に経験したことが、鬼のように役立っています。

結果的には、転職しましたが、人は「仕事に呼ばれていく」と考えています。スピ系っぽく聞こえるかもですが、何となくそう感じています。
  • 通信制高校の先生になったとき ← この仕事に呼ばれた
  • ITベンチャー企業に転職したとき ← この仕事に呼ばれた
  • オンラインでパソコン教室を開業したとき ← この仕事に呼ばれた

わかりにくいかもしれませんが、大切な感覚です。

呼ばれた仕事を真剣にやれば、上手くいく

その時々に「自分に与えられた仕事を全力でやる」というマインドって、めちゃめちゃ大切じゃないですかね。

与えられた仕事を真剣にこなした先に、次のステージが待っていると思います。

僕は、26歳のときにITベンチャー企業に転職したのですが「IT教育の時代」に呼ばれて転職したと、わりとガチで思っています。

最終的に、いまの働き方に落ち着き「これは僕の天職だ」と、心から思えています。楽しいですし、収入面でも右肩上がりで、最高です。

ただ、通信制高校の先生に、転職希望者が多いのは事実です

過去の僕を含め、通信制高校の先生には、転職を考えている人が多いです。

理由はさまざまだと思いますが、みんなの共通点は「次のステージ」を求めて、、、ですかね。

転職ストーリーについては、下記記事で解説していますので、よかったらどうぞ🙇‍

結論:通信制高校の先生は、楽しいです。経験して良かった

「通信制高校の先生になるには」というテーマで執筆し、後半は不思議な話も書きましたが、すべて事実です。

僕の結論としては、通信制高校の先生の経験は「最高の資産」になっているということです。

通信制高校の先生を経験できたから、ステージアップができたし、自分の天職を知ることもできました。

ということで、いま「通信制高校の先生になりたい」と思っている人は、通信制高校の先生という仕事に呼ばれているはずですし、通信制高校の先生から転職したいかも、、と思っている人は、希望している仕事に呼ばれている状況かもですね。おわり。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。下記のおしらせコーナーも、是非チェックしてくださると喜びます🙇‍
当ブログで無料配布している「ブログの書き方テンプレート」は受け取っておりますか?無料で資料請求できますので、この機会にぜひどうぞ💁‍♂️

お知らせ:厳選した下記のコンテンツがおすすめです

個人から、中小企業様向けに対応しており、Webメディア構築 or リモートワーク(テレビ会議システム)の導入をご検討の方は、ぜひどうぞ🙇‍

おすすめコンテンツ

無料コンテンツ

有料コンテンツ

当ブログと他のサイトの圧倒的な違いは、様々な疑問や悩みを解決するために【無料体験レッスン】30分の無料相談会&体験レッスン(オンライン開催)に初回限定で参加できることです。

どうしても分からなかったり、1人で悩むことがあればご相談ください。

その他、ご相談&ご質問がございましたら、お気軽にどうぞ。
» お問い合わせ

無料から学べる「01blog College」に参加はお済みですか?メディア運営の基礎から応用を、順序立てて学べるオンライン学習サイトです。この機会にぜひどうぞ💁‍♂️

僕は、こんな人です

ゾノ@スモール起業ビルダー
当ブログの筆者。日本一わかりやすいブログ教師/高校教師の職を捨て起業失敗→在宅リモートワークで月収7桁達成→V字回復。10代から不登校や非行で根っからの引きこもり人間。現在はオンライン講座『外出せずに学べるパソコン教室』を運営し生徒は累計230名。個人がマイペースに生きるコツを発信しています。朝大好きです→ #01blog朝活の会
» プロフィール詳細はこちら

チップをいただけると、心から喜びます


人気記事【ブログ書くことない】ブログ書き方テンプレートで解決【ひな形】

人気記事【発表】オンライン学習サイト完備のコミュニティ【01blog College】