Norifumi Nakazono's Blog.

【謝罪】仕事で役割を演じる人生は、わりと辛かった話【元高校教師】

LIFE

こんにちは、ゾノです。

この記事を執筆している僕の前職は、私立高校の教師です。
本記事は、新卒で北海道から東京に上京し、東京の秋葉原にある通信制高校に4年間勤務していたころの自分に向けて、記事を書きます。

今の自分から、過去の自分に向けてのメッセージ的な感じです。
なので、今、過去の僕のような悩みを抱えている人にとって参考になる記事かなと自負しています。

先日、僕は下記のようなツイートをしました。

高校教師のときの僕は、とにかく先生を演じていました。今考えれば、演じながら生徒や保護者に接していたと思うと心から申し訳ないと思います。
さらに、教師時代はストレスで106キロまで太り、精神的にも崩壊寸前でした。嫌々働くのは、本人も周りの人間も不幸になるだけです。

演じる人生は辛いです。
自分に嘘をつくことは周囲も不幸にするので、辛い環境なら早期的に回避すべき。

本記事の内容

仕事で役割を演じる人生は、わりと辛かった話【元高校教師の本音】

仕事で役割を演じる人生は、わりと辛かった話【元高校教師の本音】
仕事で役割を演じる人生は辛いです。

出世のために役割を演じるのは、辛い

出世するするためには、仕事で役割を演じることが大切だという考え方もありますが、それはわりと辛い生き方だと思います。

  • 何のために、出世したいのか
  • 誰のために、出世したいのか

上記をもっと、冷静になった考える必要があったかな、、と。

思考停止状態でした

決して、上から目線の発言ではないのですが、わりと僕は仕事ができます。
ただ、当時は上司の意見=絶対、組織=絶対みたいな思考で、完全に思考停止状態だったな、、と今振り返ると思います。

激増:77キロ→106キロに肥えました

僕の場合、ストレス発散手段は「暴飲暴食」でした。

結果:約30キロ太った

今も、80キロ台なので痩せてはいないですが、当時は鬼のようにデブでした。

しかも1年で、こんなに太りました。
理由はたぶんですが、下記のとおりです。

こんなこと書くと、怒られるかもですが本音で書きます。

職員間

  • 職員同士で、言いたいことを言えない
  • 上司に意見を言ったとしても、受け入れられない

生徒、保護者間

  • 生徒対応が、そんなに好きじゃない
  • 保護者とのやり取りが、心底メンドイ

いや、、ホントにスミマセン、、、。

でも、表面上の仕事は完璧でした

「表面上の仕事は完璧にこなす」←これがストレスの原因です

当時は、中野区の野方に住んでいたので、電車から降りて「野方ホープ」へ直行、、という感じでした。

仕事で教師という役割を演じていたことの謝罪【生徒/保護者】

仕事で教師という役割を演じていたことの謝罪【生徒/保護者】
教師という仕事を演じつつ、生徒、保護者に向き合って申し訳なかったな、、と思うことをまとめました。

  • 謝罪①:三者面談に、本気になれなかった
  • 謝罪②:進路指導に、本気になれなかった
  • 謝罪③:調査書を書くのに、本気になれなかった
  • 謝罪④:卒業式に、まったく泣けなかった
  • 謝罪⑤:そもそも、自分のことでいっぱいいっぱいだった

ザックリ言うと、こんな感じです。

三者面談に、本気になれなかった

22〜26歳まで教師をやっていたのですが、1年目から担任をやっていました。

三者面談をやったいましたが、本気で問題解決のために行動をした経験はゼロでした。

当時から、なんでこんなに自分は真剣になれないのかな、、と思いましたが、自分自身も中学高校で不登校や非行をやっていたので、学校がそもそも嫌いかも、、と気づきました。

進路指導に、本気になれなかった

三者面談同様に、高3の担任をやっていたときも進路指導に真剣ではなかったです。

職員室では、職員同士が進路指導(汗)

ぶっちゃけますと、通信制高校は離職率高めです。僕は4年いましたが、1年で辞める先生がマジで多いです。

先生自身が進路に悩んでいる中で、生徒の進路指導とかに本気になれるのかな、、と当時から思っていました。

調査書を書くのに、本気になれなかった

進路指導に関することですが、調査書を書くのが本気で苦痛でした。

  • 担任が書く
  • 学年主任の承認印をもらう
  • 副校長の承認印をもらう

なんか、手順は忘れましたけど、こんなスタンプラリーゲームみたいな感じで1人の調査書が完成するのに1週間くらいかかります。

時効なので言いますが、副校長のデスクの引き出しから印鑑をとって、勝手に押したこともあります。あまりにも遅すぎるので、、。

こういうスタンプラリーは、本気で胃が痛くなります。

卒業式に、まったく泣けなかった

僕は、1年生〜3年生の持ち上がりではなかった理由もあるが、卒業式は涙ゼロでした。
むしろ、この頃は自分も4月からITベンチャー企業への転職が決まっていたので、そのことで頭がいっぱい、、という感じですね。

ありがたいことに、ゾノさんは無感情キャラ的な印象が生徒に根付いていたので、わりと問題なしでした。

そもそも、自分のことでいっぱいいっぱいだった

教師という仕事をしていても、基本は人間です。

教員いじめの問題が、ニュースになっていますが、こういう精神状態では、生徒や保護者に真剣になれるわけないかな、、と思っちゃいます。

仕事で役割を演じる人生は、自分も周囲も不幸になります【結論】

仕事で役割を演じる人生は、自分も周囲も不幸になります【結論】
仕事で役割を演じる人生は、自分も周囲の人間も不幸になります。

  • 本音①:○○ごっこなら、辞めるべき
  • 本音③:あなたのこと考えてます風は、マジで失礼
  • 本音③:本気になれる生き方を探すべき

○○ごっこなら、辞めるべき

怒られるかもですが、仕事に本気になれず、○○ごっこしているだけなら、本当に自分にも周囲に失礼なので辞めるべきです。

仕事は、オママゴトではないので、真剣になれないなら辞めたほうがいいですね、、。

裏切り者と言われても、気にしない

辞めるというと、お決まりの言葉で「裏切り者」と言われます。

どっちみち、裏切らずに組織に残ったとしても、だれも守ってくれないので、自分の将来は自分で確保すべきですね。
むしろ、組織に残る人は、変な見えない結束バンドで結ばれているので、「裏切り者」とか言われても無視でオッケイです。

あなたのこと考えてます風は、マジで失礼

表面上にだけ「あなたのこと考えてます」的なコミュニケーションは、本当に失礼ですよね。

今は、パソコン教室をオンラインで運営していますが、本音でいろいろと言っています。

  • デザインが変なら、変と言う
  • ブログの書き方が下手なら、下手と言う

結果、これが相手のためでもあるし、自分にもストレスが生まれないので、最高の生き方です。

本気になれる生き方を探すべき

いろいろと書いてきましたが、本記事は「過去の自分へのメッセージ」でもありました。

過去の自分に一言ですが、、「はやく、本気になれる生き方を探すべき」ですね。

わりと1人でこもって作業するのが好きな人間なので、無理に教師とかしなくてもオッケイだったかな、、と。

でも、教師をやったことで今の自分がいるので、後悔はしていません。
むしろ感謝をしています🙇‍

ということで、演じる人生に悩んでいる人にとって、少しでも良い気づきとなれば嬉しいです。

下記の記事も、合わせて読むと参考になるかな、と思います。

動画投稿

動画でも発信しておりますので、よろしければご視聴ください。

取材、ご依頼など

お気軽にメッセージください。必ず返信します。
基本、お金をいただいての取材などは考えておりませんので、お気軽に相談してください。
» お問い合わせ

僕の本職のPRです。
Webマーケティング基礎知識の学習用に、「【入門ガイド】経験ゼロ→お金を生み出すブログを開始する完全マップ」をまとめました。

【入門ガイド】経験ゼロ→お金を生み出すブログを開始する完全マップ

ブログを使ったWeb集客の基本を学習したい方向け。本記事は初心者がブログを開設するために必要な基礎をまとめました。情報が変われば常にアップデートしていきます。これからWebマーケティングをを学びたい人や現在学習中の人は是非ご覧ください。

» 詳細を読む

お問い合わせ&感想は、いつでも受付けています。

何かあればメッセージくださいm(_ _)m

当ブログと他のサイトの圧倒的な違いは様々な疑問や悩みを解決するために【無料体験レッスン】30分相談会(オンライン開催)に初回限定で参加できることです。

どうしても分からなかったり、1人で悩むことがあればご相談ください。
また質問やメッセージ、相談があればお気軽にお問い合わせください(*´∀`*)
» お問い合わせ

人気記事【Minimalカスタマイズ】マナブログをモデリングして、ブログを作る【manablog】

人気記事【目指せマナブログ】WordPressテーマコピー/相談チャット【無料】