ゾノ@引きこもり教師のBlog

【CSSは、どこに書く?】WordPress初心者は必見です【動画あり】

CSS WORDPRESS

こんにちは、ゾノです。

この記事を書いている僕は、現役でWebデザイナー&マーケターとして活動しつつ、ブログを運営しながら生活しています。今では、外出せずに学べるパソコン教室を運営し、ブログ初心者に特化したブログ指導活動にも取り組んでいます。

本記事の内容

  • 【WordPress】CSSを記述できる場所【メリット/デメリットを解説】
  • CSSは、どこに書くのがベストか【結論:バックアップ→直で書く】
  • CSSの基礎的な内容を学べる動画講義を公開します【WordPress】

【WordPress】CSSを記述できる場所【メリット/デメリットを解説】

【WordPress】CSSを記述できる場所【メリット/デメリットを解説】
WordPressにて、ブログを運営するときに悩むのが、どこにCSS(スタイルシート)を書いたらいいのか、、という問題です。

まず最初に、WordPressでCSSを書くことができる場所についてまとめます。

同時に、メリットとデメリットについても解説するので、しっかりと把握しましょう。

  • ①:「追加CSS」にCSSを書く(←Googleさまの非推奨
  • ②:「子テーマ」にCSSを書く(←表示速度が下がる
  • ③:「親テーマ」にCSSを書く(←これがベスト

「追加CSS」にCSSを書く(←Googleさまの非推奨)

WordPressの、「外観」>「カスタマイズ」内にある「追加CSS」に記述するやり方です。

※ここに書くと、サイト内の<head>の中に書き込まれます。
この方法は、厳密に言うとGoogleさまの非推奨の書き方なので、当ブログでは使用をやめました(2020年1月17日)

非推奨の理由

簡単に言うと、HTMLとCSSは、別ファイルにしましょうというルールです。

メリット

  • テーマのアップデートに左右されない
  • プレビューで変更点を確認しながらできる
  • ミスっても、基本大丈夫
  • 直接編集できるので、楽といえば楽です

デメリット

  • Googleさまから、推奨されている書き方ではない

「子テーマ」にCSSを書く(←表示速度が下がる)

WordPressの子テーマとして、新しいテーマを作ってCSSを書いてく方法です。

重要:親テーマを直接編集は危険は、本当なのか

世の中には、親テーマを直接編集するのはNGで、子テーマを作成して編集しよう的な流れがありますが、本当にそうなのか、、と疑問を持ちました。

ここに関しては、先にデメリットを書きます。

デメリット

  • 親テーマ→子テーマの順で読み込むので、表示速度が気持ち遅くなる

SEO対策としても、サイトの表示速度は重要です。なので、当ブログでは、子テーマを使用する方法をやめました。

一応ですが、メリットは下記のとおりです。

メリット

  • テーマのアップデートに左右されない
  • ミスっても、基本大丈夫
本記事は結構マニアックなことを書いていますが、Googleさまに気に入られるブログを運営していくためには、「Googleさまが推奨している書き方でコーディングする」が正解です。

念のため、子テーマの作り方を知りたい人向けに、下記記事で解説していますので、良かったどうぞ。

「親テーマ」にCSSを書く(←これがベスト)

WordPressの、「外観」>「テーマエディター」内にあるCSSを直接的に編集するやり方です。

警告:バックアップしないで、ミスったら死にます

テーマのCSSを直接的に編集し、万が一のことがあったらサイトの表示が崩れます。最悪の場合、表示されなくなるので、絶対にバックアップをするようにしましょう。

バックアップの方法

  • 編集する前のソースコードをメモ帳などに、貼り付け
  • CSSを編集する
  • 表示がおかしくなる
  • メモ帳に貼ってあるソースコードを戻す

「大丈夫だろう、、えーい!公開だぁー!!」は、絶対に禁止です。

どんな簡単なコーディングでも、バックアップは推奨します。

メリット

  • 1つのCSSファイルだけを読み込むので、表示速度が速い
  • 直接編集できるので、楽といえば楽です

デメリット

  • バックアップしないで、ミスったらヤバイです

スポンサードサーチ

CSSは、どこに書くのがベストか【結論:バックアップ→直で書く】

CSSは、どこに書くのがベストか【結論:バックアップ→直で書く】
WordPressのCSSは、どこに書くのがベストなのか、、という質問の回答は、「テーマのCSSを直で編集しよう」です。

質問:親テーマを直で編集は危険じゃないですか

たぶん、このような質問が絶対にきます。

回答:ブログ運営で、優先順位を決めればOKです

自分のブログ運営のなかで、「楽さ」「安心さ」「Googleさまのルールを優先」のどれを取るのかを決めればOKです。

  • 追加CSSにCSSを書く→Googleさまのルール無視で、楽を優先
  • 子テーマのCSSに書く→表示速度が下がるけど、安心さを優先
  • 親テーマのCSSに直接書く→バックアップをとりつつ、Googleさまを優先

結論:こまめにバックアップして、style.cssを直で編集する

選択肢は、上記の3つですが、僕のおすすめは「親テーマのCSSに直接書く」です。

理由は、表示速度はめちゃくちゃ大切ですし、Googleさまのルールは厳守すべきだと考えているからです。

こまめにバックアップすれば、心配ない

style.cssを直で編集するのは、恐怖かもしれないですが、こまめにバックアップすれば、何にも問題ない話です。

ブログで楽さを優先するのは、ナンセンスですよ。

そもそも、ブログで稼ぐ=楽じゃないですので、CSSの記述も、しっかりとルールを守り、正しいコーディングを目指しましょう。

CSSの基礎的な内容を学べる動画講義を公開します【WordPress】

CSSの基礎的な内容を学べる動画講義を公開します【WordPress】
WordPressでブログを運営していくときに、CSSの基本的な理解は絶対に必要です。

先日、僕はこういうツイートをしたのですが、本記事とあわせて動画講義でも徹底的に基本を解説します。

おし、やるぞ。ブログ書こう。最近思うことがあって、みんなもっとスタイルシートの理解度高めるべきだよ。どんなブログ初心者でもCSSの理解がいまいちだとWordPressでのブログ運営はシンドイからね😉徹底的に、基本を解説する

書き方について、徹底解説をする 【CSS基本】

では、動画にてCSSの基本を徹底的に解説します。

動画の構成

  • (00:00〜08:52)ホワイトボードにて、CSSの基礎知識を解説
  • (08:55〜41:00)WordPressの画面にて、具体的に解説

バックアップすることは、自信につながります

僕のパソコン教室の生徒さんのなかに、「ソースコードを触るのがこわい」という人もいます。

それは、当然のことで、むしろ良いことですよ。

「大丈夫、大丈夫、公開しちゃえーーー!」と、危機感ゼロで操作するより何倍もましです。

バックアップをすることで、保険がきくし、バックアップすることは自信にもつながってくるわけです。

ということで、WordPressでCSSを編集するときは、しっかりとバックアップをしつつ、親テーマのCSSに直接書きましょう😉

相談やお問い合わせ、ご依頼など

お気軽にメッセージください。
» お問い合わせ

Webマーケティング基礎知識の学習用に、「【入門ガイド】経験ゼロ→お金を生み出すブログを開始する完全マップ」をまとめました。

【入門ガイド】経験ゼロ→お金を生み出すブログを開始する完全マップ

ブログを使ったWeb集客の基本を学習したい方向け。本記事は初心者がブログを開設するために必要な基礎をまとめました。情報が変われば常にアップデートしていきます。これからWebマーケティングをを学びたい人や現在学習中の人は是非ご覧ください。

» 詳細を読む

当ブログと他のサイトの圧倒的な違いは様々な疑問や悩みを解決するために【無料体験レッスン】30分相談会(オンライン開催)に初回限定で参加できることです。

どうしても分からなかったり、1人で悩むことがあればご相談ください。
また質問やメッセージ、相談があればお気軽にお問い合わせください。
» お問い合わせ

人気記事【ブログ書くことない】ブログ書き方テンプレートで解決【ひな形】

人気記事【持ち物公開】場所を問わないノマドワーカーのバックパックLIFE