ゾノ@引きこもり教師のBlog

【WordPress】子テーマの作り方【CSSをカスタマイズ時に使用】

CSS WORDPRESS

こんにちは、ゾノです。

この記事を書いている僕は、現役でWebデザイナー&マーケターとして活動しつつ、ブログを運営しながら生活しています。今では、外出せずに学べるパソコン教室を運営し、ブログ初心者に特化したブログ指導活動にも取り組んでいます。

では、WordPressの子テーマの作り方です。

【WordPress】子テーマの作り方【手順は5つです】

【WordPress】子テーマの作り方【手順は5つです】

子テーマを作る5つの手順

  • ①:「style.css」ファイルの用意
  • ②:「functions.php」ファイルの用意
  • ③:「親テーマ名-child」フォルダを用意
  • ④:フォルダを圧縮する
  • ⑤:WordPressにテーマをインストールして、有効化

「style.css」ファイルの用意

メモ帳などにて、「style.css」をつくります。

ファイル上部には、下記をコピペして使用すればオッケイです。
※親テーマと子テーマの名称だけ、書き換えましょう。

/*
Template: 親テーマの名称
Theme Name: 今回作る子テーマの名称
*/

「functions.php」ファイルの用意

メモ帳などにて、「functions.php」をつくります。
※下記は、何も書き換える必要はなしです。

<?php
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'theme_enqueue_styles' );
function theme_enqueue_styles() {
    wp_enqueue_style( 'parent-style', get_template_directory_uri() . '/style.css' );
}

「親テーマ名-child」フォルダを用意

デスクトップ上でフォルダをつくり、上記2つのファイルをまとめます。
※注意:このフォルダ名=「今回作る子テーマの名称」になります。

フォルダを圧縮する

普通に、フォルダを圧縮します。
どんなパソコンでも、右クリックでファイルを圧縮するなどの項目があると思います。

WordPressにテーマをインストールして、有効化

これで、基本完成です。
WordPressのテーマにインストールして、有効化しましょう。

テーマとして、表示されます。

スポンサードサーチ

追伸:CSSカスタマイズは、親テーマに書くのがおすすめ

追伸:CSSカスタマイズは、親テーマに書くのがおすすめ
本記事では、WordPressに子テーマを作る方法をまとめましたが、僕は親テーマに直で書くのがベストだという考え方を持っています。

理由は、親テーマの読み込みをしたあとに、子テーマを読むと表示速度が遅くなるからです。

なかなかマニアックな話なので、別記事に動画解説ありで説明しているので、詳しく理解したいという場合は、ぜひチェックをどうぞ。

本記事は、以上です。

相談やお問い合わせ、ご依頼など

お気軽にメッセージください。
» お問い合わせ

Webマーケティング基礎知識の学習用に、「【入門ガイド】経験ゼロ→お金を生み出すブログを開始する完全マップ」をまとめました。

【入門ガイド】経験ゼロ→お金を生み出すブログを開始する完全マップ

ブログを使ったWeb集客の基本を学習したい方向け。本記事は初心者がブログを開設するために必要な基礎をまとめました。情報が変われば常にアップデートしていきます。これからWebマーケティングをを学びたい人や現在学習中の人は是非ご覧ください。

» 詳細を読む

当ブログと他のサイトの圧倒的な違いは様々な疑問や悩みを解決するために【無料体験レッスン】30分相談会(オンライン開催)に初回限定で参加できることです。

どうしても分からなかったり、1人で悩むことがあればご相談ください。
また質問やメッセージ、相談があればお気軽にお問い合わせください。
» お問い合わせ

人気記事【ブログ書くことない】ブログ書き方テンプレートで解決【ひな形】

人気記事【持ち物公開】場所を問わないノマドワーカーのバックパックLIFE